ぱらつり記

No description

失われたパーティション復活させるどころかMBAをお釈迦にした話

ある日いつも通りにMacBookの電源を入れてWindowsを起動したときのこと。

Dropboxがエラーを吐きました。

データ領域がやられる

OS X, Win10, データ領域の3パーティションで利用していたMBAで、そのデータ領域に置いていたDropboxフォルダが見つからない。

まさかと思ってそのDドライブの中身を見ようとすると、

「このドライブはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」

は?

いや何言ってんのお前。

そこは今まで普通に使っていたところやぞ

なーにが「フォーマットしますか?」じゃ

謎のファイルシステムとの遭遇

OS Xから見てみると、

f:id:paralleltree:20160701001207p:plain

やっぱりDropboxは死んでる

f:id:paralleltree:20160925170015p:plain

かつてのDataパーティションは名称未設定に。

ついにパーティション操作すらままならなくなる状態に。

さらに調べてみるとFAT32だったはずのファイルシステム Xenix BBT なるものとして表示されていた。

初めて見る名前にぐぐると……

https://groups.google.com/forum/#!topic/microsoft.public.windowsxp.general/y7WoAr1WLYc

www.linuxquestions.org

出てくる情報に不安しかない

修復を試みる

前にUbuntuパーティション吹っ飛ばされたときに使ったtestdiskはどうだろう。 起動中は操作できないので起動時メニューからターミナルを開く。 brewで入れておいたtestdiskをコピーして、Volumesをアンマウント。

復活してくれ頼む

f:id:paralleltree:20160925164213j:plain

得られた成果

f:id:paralleltree:20160925164306j:plain

え?なんだって?

説明しよう! 電源を切った後再び投入すると、何も押していないのに OS Xの起動がすっぽかされ、Windowsすら起動できなくなったのだ!!!!

ここまでの実績

  • データ領域が読み出せなくなる
  • OS Xが起動しなくなる
  • Windowsが死ぬ

MBAがリアル文鎮になった

出刃包丁にでも使えるんですかねマジで使い物にならなくなった

泣きながら修復

確かにMacで自己修復しようとするのは冷静に考えてほぼ100%自殺しに行くようなものですが、当時は気が動転していたようです。 再度起動してCommand + Rからリカバリ。

f:id:paralleltree:20160925164940j:plain

f:id:paralleltree:20160925165200j:plain

このあとまた以前の状態に戻すためにWindowsインストールもやり直し。

その過程ですらコケるという。

すごいやるせない気持ちになった。