読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱらつり記

No description

OSを入れなおそうとしたらパーティション吹っ飛ばした

サブ機の32bit版Ubuntu14.04を64bit版で入れ直そうとしたらハードディスクのパーティションが吹っ飛びました。

経緯

  • 昔のだから32bitCPUだと思ってたマシンが64bitだった
  • なんで32bit版OS入れてるんだ
  • 入れ直そ
  • データ用パーティションにバックアップをする
  • イメージ焼いたDVD入れる
  • ウィザードに従って進める
  • 「Ubuntu14.04を削除して再インストール」を選択
  • インストール終わる
  • バックアップから戻そうとしたらmountできない
  • まずデバイスファイルがない

きれいさっぱり

前日の状態がこちら

復元を試みる

パーティション情報が書き換わった直後なのでデータは残っているはず。
調べるとtestdiskなるツールが使えそうなので早速使う。

QuickSearch

ダメ

DeeperSearch

昔のDドライブが見つかったけどそれ以外は似たり寄ったりで全然わからない。

とここでキー操作を誤ってスキャン結果を捨てる痛恨のミス

1時間吹っ飛んだ

もうあきらめようかと思ったけど一途の望みにかけて再スキャン。

改めてパーティションの存在していた場所から見切りをつけると、

見つかった。

ここで再び割り当てるように設定して再起動して、

ファイルが読み出せることを確認してから即バックアップした後、改めて再インストール。

今度は迷わず自分でパーティションを構成。

ただ、適当にやっていたら

The partition table format in use on your disks normally requires you to create a separate partition for boot loader code.

と怒られたので先頭にBIOSブート領域を入れておいた。

つらい

日曜日消えた。だたdocker使ってみたかっただけだったんですよね。

ubuntuインストーラのディスク割り当てのところで

「Ubuntu14.04の中身(アプリケーション・文書・写真・音楽など)をすべて削除します」

って選択したのにこれ中身超えてない?????解せない!!!!!!!!!!!

去年の今頃はRaspberryPiのbootパーティションが吹っ飛んで泣いていたし、この季節になると何かしら吹っ飛ぶ呪いでもかけられているのではないか。