読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱらつり記

No description

外部からRaspberryPiにSSHを通そうとしたお話

技術 備忘録

LANを超えて外部からRaspberryPiにSSH接続しようとして翻弄されたぱらつりです。
こんな思いは二度としたくないので備忘録として書き留めておきます。

がんばるぞい

表題通りRaspberryPi(ローカルで192.168.11.10)に外部からアクセスしたいと思い調べてみると、グローバルIPアドレスを元としたアクセスをルーターで振ってやるとの情報がありました。

普段ワイヤレス通信の親機としているAirStationにログインして「ポート変換」を設定、携帯からアクセスしようとしましたがうまくいきません。
f:id:paralleltree:20150404001811p:plain 思案していると…「あれ?」

よくよく考えると我が家のネットワーク環境はこんな感じで、RT-200KIも設定しなければならないことに気付きました。 f:id:paralleltree:20150404001737p:plain

できねえ

こちらではNAPT設定で適当なポートで待ち受けてAirStationに流すと設定しましたが、 接続しようとするとやはりタイムアウト

そこからはNAPTで直接ラズパイに投げてみたりIPフィルターを許可したり…と試しても音沙汰なしであることに変化はなく、辛い時間が続きました。

勘違いの連続

なぜダメだったのか…勘違いしていたみたいです。

  • その1
    • RT-200KI再起動しないと変更した設定が反映されない
    • AirStationは設定を変えるごとに再スタートして変更が反映されるのでてっきり同じ感じかと思っていました。
    • というかボタンが見つけられなかった

f:id:paralleltree:20150404001848p:plain

  • その2
    • RT-200KIのNAPT設定でAirStationの設定画面のアドレスに投げていた。
    • 正確にはAirStationのInternet側アドレス(今回は192.168.1.2)を指定するようです。

f:id:paralleltree:20150404001902p:plain f:id:paralleltree:20150404001914p:plain

それ以外については特にIPフィルターを掛ける必要もなかったようで、 ここまできて試行するとようやく見慣れたlogin as:の文字が……
10分くらい放心してしまいました。

それにしても、実に半日がかかる結果となりました…
ぼちぼちDNSも絡めて運用してみたいです。